ページ内を移動するためのリンクです。

大阪読売健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

サービスにかかる自己負担

介護サービスを利用したときは、かかった費用の1割〜3割※を自己負担します。さらに、居宅サービスにおいては食費と滞在費、施設サービスにおいては食費と居住費も負担します。ただし、低所得者には軽減措置があります。また、自己負担が一定額を超えた場合は、高額介護サービス費を受けることができます。

自己負担

  • ※2割負担になる場合
    本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の第1号被保険者の年金収入+その他の合計所得金額が346万円(単身の場合は280万円)以上の場合。
  • ※3割負担になる場合(2018年8月から)
    本人の合計所得金額が220万円以上で、同一世帯の第1号被保険者の年金収入+その他の合計所得金額が463万円(単身の場合は340万円、年金収入のみの場合は344万円)以上に該当する場合。
  • ●居住費(滞在費)
    個室の場合:室料+光熱水費相当
    多床室の場合:光熱水費相当
  • ●食費
    食材料費+調理コスト相当
    • ※栄養管理費は保険給付の対象
  • ※低所得者には居住費(滞在費)・食費にかかる負担を軽減するため、負担限度額が設けられます。

高額介護サービス費

介護サービスにかかる自己負担には、所得に応じた上限額があります。上限を超えた場合は、高額介護サービス費として払い戻しを受けることができます。

利用者負担 限度額(1ヵ月)
第4段階 44,400円
第3段階 24,600円
第1・2段階 15,000円
  • ※1・2・3段階は、保険料負担の各段階に準じた市町村民税世帯非課税者等の負担軽減措置のある方です。
  • *平成29年8月より、44,400円に引き上げられました(1割負担者の場合は3年間の時限措置として年間上限446,400円)。なお、現役並所得者は44,400円で変更はありません。

高額医療合算介護サービス費

医療と介護にかかる自己負担をそれぞれ合算した限度額が設けられています。限度額は所得に応じて異なり、年額で設定されます。この限度額を超えた分のうち、介護保険にかかる部分は高額医療合算介護サービス費として払い戻しを受けることができます。