ページ内を移動するためのリンクです。

大阪読売健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

2016年12月26日


平成29年1月から一部届出に個人番号記載が必要になります。

 医療保険分野での個人番号の利用開始に合わせ、平成29年1月1日に厚生労働省令(健康保険施行規則)が改正され、一部手続きについて、健保への届出様式に個人番号の記載が必要になりました。1月1日以降の届出には必ずホームページ掲載の新様式をご使用ください。

 申請書への個人番号記載が必要になるのは、入社時等に健保に提出する「健康保険被保険者資格取得届」(勤務先が作成)と被扶養家族を申告する「健康保険被扶養者調書」及び出産など家族が増えたときに提出する「健康保険被扶養者異動届(「被扶養者となる場合」のみ)の3点です。