ページ内を移動するためのリンクです。

大阪読売健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

2017年12月12日


高額療養費の申請方法の変更及び「保険給付金支給決定通知書」について

被保険者各位

                                                                            大阪読売健康保険組合

           高額療養費の申請方法の変更及び「保険給付金支給決定通知書」の発行について

 

 高額療養費の支払いについては、従来、診療機関の請求から計算した支給額を健保で申請書に記載、事業所経由で本人の署名・捺印をいただいたうえ再提出を求めていましたが、平成29年12月の診療分(平成30年3月支給予定分)からこの手続きを廃止し、診療機関からの医療費請求が健保に届いた時点で本人から申請があったとみなし、自動払いとします。

 支給額については、同付加金(一部負担還元金、家族療養費付加金等)、他の現金給付分とともに「保険給付金支給決定通知書」に記載し、支給前にご本人宛に郵送しますので、お手元の領収書と合わせ、ご確認ください(※1)。

 

なお、「保険給付金支給決定通知書」は、原則、高額療養費、同付加金は3か月前の診療分、その他の給付は前月の受付分を一括で発行し、毎月初旬に送付します(※2)。

支給方法は従来と変更なく、事業所勤務者の高額療養費、同付加金、予防接種(インフルエンザ)補助金は各勤務先経由(給与口座への同時振込等)、その他の現金給付分(療養費、出産育児一時金等、任意継続加入者への支払い分)は本人の指定口座へ健保から直接、振り込みます(※3)。

 

※1 高額療養費、同付加金の計算方法については健保ホームページ受診編「医療費が高額になるとき」をご参照ください。

※2 12月診療分については、確定申告の医療費控除の計算に使えるよう、2月中に前倒しして発行します。

※3 複数の支給がある場合、通知書は高額療養費、同付加金、予防接種補助金、その他の現金給付の4種類に分けて発行されます。

以上