ページ内を移動するためのリンクです。

大阪読売健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

2018年02月20日


新健診補助制度への移行期間について

新健診補助制度への移行期間について

 

 2月20日(火)の2018年度予算組合会において、別紙の通り、健保の健診補助が改定されました(4月1日受診分から適用)。改定に伴うシステム改修のため、「受診ナビ」による人間ドック受診券の申請は、2017年度分の受付を2月末で終了し、3月12日(月)から新たな健診補助制度による2018年度分の受付を再開する予定です。

 再開までの人間ドック受診については、次の手順でお願いいたします。

 

①17年度内に人間ドックの受診を予定し、受診券の申請がまだの方

2月末までに「受診ナビ」または申請用紙で受診券を申請してください。間に合わなかった方は申請用紙を委託先の(財)日本予防医学協会健診サポートセンターに送付するか、健保窓口に提出してください(受診まで1か月ありませんので、受診券の送付が間に合わない場合があります)。

 

②4月以降の人間ドック受診を手続き済みの方

 4月以降の人間ドック受診には、健診機関の価格帯別に一律自己負担額が設けられます。健診サポートセンターの担当者から確認の連絡をしますので、そのまま受診されるか、変更を希望されるかをお伝えください。

 

③4月以降の健診を予約済みで、受診券の申請がまだの方

 3月12日時点で受診日まで1か月以上ある方は、再開を待って手続きをしてください。1か月に満たない下記の受診施設一覧で自己負担額を確認のうえ、申請用紙を(財)日本予防医学協会健診サポートセンターに送付するか、健保窓口に提出してください。

 

④新設の「ベーシックドック」での受診をご希望の方

 3月12日から受付を始めます(施設一覧から希望の健診機関を選び、複数の希望日を伝えて予約の代行と受診券の申請を同時に行う仕組みです。人間ドックと利用方法が異なりますのでご注意ください)。